浮気調査は探偵事務所を使って証拠を掴め!不倫撃退!

浮気調査は探偵事務所を使って証拠を掴め!不倫撃退!

MENU

探偵を利用した浮気調査

浮気調査は探偵事務所を使って証拠を掴め!不倫撃退!

 

浮気調査を探偵に依頼するケースというのは、いくつかのことを想定してなされる場合があります。1つは証拠作りです。例えば、離婚を考えている人がいる場合、親権をどちらが持つか、慰謝料はどうなるか、財産に関してはどのような分け方になるか、そういったことを考えなければなりません。裁判の場で浮気によって離婚したいといくら主張しても、あなたにも原因があるのではないか、本当に浮気はあったのかと問い詰められ、それが立証できず、結果として条件の悪い提示をされ、それを飲まざるを得ないという事態が想定されます。もし、不貞行為の現場を押さえた証拠が出てくれば、これ以上ない証拠となり、裁判を有利に進めていくことが可能になります。また、浮気相手についても慰謝料請求をできるようになり、懲らしめるという意味でも証拠はかなり重要です。

 

不貞行為の現場の証拠というのはなかなか押さえるのは難しく

尾行をしてもらうことや何も手がかりがなければ四六時中張り込みをしてもらったり、多少踏み込んだことをしてでも手がかりをつかんだりしなければなりません。それを当事者自身が行うのはあまりにリスクが高いだけではなく、その行為を逆に利用され、裁判でうまく活用され、結果として泣き寝入りを余儀なくされる場合もあります。そうした時に探偵に浮気調査をしておけば、平然を装って調査結果があがってくるのを待つことができます。もちろん奥さんなどが旦那の行為を観察したり、レシートなどから行動パターンを判断したりするという地道な作業も必要です。出来る限り証拠を集めていくことが離婚に関する裁判ではとても重要になります。

 

離婚を前提にせず、あくまで現在の夫婦関係を改善する名目で

探偵に浮気調査を依頼するというケースも存在します。相手が浮気をし、その相手と結ばれた方が幸せだなと判断されれば、今のパートナーとどうにかして別れようとあちらは画策してきます。はいそうですかとばかりに乗ってしまえば、結局損をするのは自分自身です。明らかに浮気をしている相手が悪く、多少の原因が自分にあったとしても、だからといって不貞行為に及んでいいという理由にはなりません。また、この人とは別れたくないし、私も至らないところは改める、だからなんとか結婚生活を維持したいと考える人も多く、そうした人が探偵に浮気調査を依頼することになります。優秀な探偵は詳細に状況を教えてくれるでしょうから、もし浮気をしていると分かった場合、離婚するのか、それとも関係修復の道を選ぶのか、そうしたことも事前に想定しておく必要があります。

 

探偵に浮気調査を依頼する場合の注意点として

調査費用の高さがあります。事務所によって費用のプランはまちまちですが、1日この金額、1人につきこの時間でこの金額という感じで料金が決まっていきます。事前にこの日にこういう計画で動くというのが分かっていればピンポイントに動いてもらうことが可能で、料金もそこまでかからないですが、何も分かっていない場合、手がかりが全くない場合にはかなりの期間、かなりの時間、かなりの人員を割いてもらって調査をしてもらうため、調査費用はかなり高くなってしまいます。ですので、調査の精度を高めるためにも集められる情報は集めて、それから浮気調査を依頼するといいでしょう。事務所選びに関しても、一番いいのは知名度のあるところですが、予約でいっぱいのところも珍しくありません。近所にあるようなところでも仕事が雑である場合も考えられます。時間に余裕があれば知名度のある事務所に依頼することをおすすめし、それまでは証拠集めに奔走するという方が時間の効率や正確性を高めるためにはベストのやり方と言えます。

浮気調査の流れ

携帯やスマートフォンに怪しい履歴があるのを見てしまった、配偶者が急にこそこそ隠れて携帯やスマートフォンを触るようになった、怪しい行動が増えた等、配偶者が浮気をしているのではないかと感じた時、してはいけない事が、感情のまま問い詰める事です。
素直に浮気を白状する配偶者であれば、すぐに問い詰めるという方法も有効ですが、多くの場合、問いつめられても確実な証拠がない限り、はぐらかされてその場は終わってしまうという事になります。

 

この場合、浮気の真偽が分からないだけでなく、その後、浮気を続ける場合は、証拠が残らないようにと、警戒されてしまう事になります。
ですから、すぐに問い詰めてしまうと、決定的な証拠を手に入れる事が出来なくなる可能性が高くなります。
証拠は必要ないと考える人もいますが、離婚をする為に離婚調停や離婚裁判まで進んだ場合、証拠があるという事が重要になってきます。
この際に認められるのは、継続して不貞行為があったという証拠です。

 

 

ただ、不貞行為があったという証拠を素人が集める事は容易ではありません。
ですから、しっかりとした証拠が欲しいと考えるのであれば、浮気調査のプロの探偵に依頼をする事がおすすめです。
その際の流れは、依頼の仕方によって変わります。

 

漠然と、浮気をしているのではないかと考え、浮気をしているかどうかを調べ、浮気が行われているのであれば、不貞行為が行われている証拠を集めて欲しいという場合は、時間をかけて尾行をしていく事になります。
尾行をする中で、浮気相手を特定し、不貞行為が行われていれば、その証拠写真等を撮影して貰う事が出来ます。
そして、ある程度の証拠が集まれば、調査報告書を作成し、その報告書を依頼主に渡すという流れが一般的です。
この際、調査費用というのは、探偵が調査をした時間によって大きく変わってきます。
浮気相手や浮気をするタイミングがある程度分かっていれば、浮気をしそうなタイミングのみ調査をしていくという事も可能になり、それにより調査費用の節約をする事が可能になります。

 

ですから、確実に浮気をしそうな日が分かっているのであれば、何日も尾行や張り込みをする必要はなく、その日の数時間だけ張り込めば、証拠を手に入れる事が出来る可能性が高まります。
この場合、ピンポイントで調査を依頼する事で、調査費用を少なく抑える事が可能になります。
ですが、浮気をしているかもしれないという漠然とした状態の場合は、何日も尾行や張り込みを行う必要がある為、調査費用が高額になってしまう事になります。

 

浮気調査の調査費用というのは

調査の仕方によって大きな開きが生まれる事になります。
実際に、浮気調査を行う時、少しでも調査費用を抑えたいと考えるのであれば、まずは事前で、配偶者の行動を調べておく事がおすすめです。
怪しい行動が多くなるタイミングや、特に用事もないのに帰りが遅くなりやすい曜日等を特定し、そのタイミングに合わせて調査を依頼するようにするだけでも、調査費用の節約に繋がります。

 

その際に重要になってくるのが、行動を調べている事を配偶者に気づかれないようにする事です。
こちらが、配偶者の行動を探っている事を気付かれてしまうと、しばらくは警戒して、浮気をしない可能性も出てきます。
この場合、浮気調査をしても、浮気をしている事実を掴む事すら出来ない状態になります。
ですから、気づかれないようにしっかりと気をつけておく事が大切です。
そして、大体の行動を把握すると、それにより浮気調査を依頼しやすい状態を作れます。
浮気調査の流れとしては、尾行や張り込みをして証拠を掴み、調査報告書を提出するという流れが一般的です。

浮気調査を依頼するタイミング

愛する人の浮気を疑う瞬間は交際期間、もしくは結婚期間には必ず1度や2度は訪れます。例えば、帰りが遅い、スーツから華やかな匂いがする、携帯電話の着信に女性の名前が出てきた、定期的に泊まりの仕事がある、最近になって金遣いが荒いといったことが積もり積もって、もしかして浮気をしているのではないかと思ってしまいます。とはいえ、付き合って1年になったから浮気調査を依頼しようというのはタイミング以前に、相手のことを全く信用していないことの現れです。仮にそれがきっかけで別れたり、離婚したりしてしまえば、悪いのは急にこうした調査をすることを考えた自分自身となってしまいます。ですので、浮気調査のタイミングはとても重要です。

 

一番いいタイミング

いくつか要因が重なり、自分自身の調査では真偽が定かではなく、これ以上の調査が難しいタイミングで浮気調査を依頼するというものです。帰りが遅い場合やキャバクラなどの名刺が混じっている場合というのは、複合的に重なれば確かに怪しく思えますが、本当に仕事で忙しいケースやたまたま付き合わされてキャバクラに行ったが実際は性に合わず、あれっきり行ってないということが考えられます。

 

つまり、1つ該当したから浮気をしているかもしれないと思うのは、裏を返せば相手を信用していない証拠になります。逆の立場で考えると、束縛されているのではないかと感じてしまい、相手のことが嫌いになってしまいます。まず、いくつかの要因が重なることが浮気なのかもしれないと思うきっかけにしていくといいでしょう。次に、自分自身である程度調査していくことも大事です。

 

実際はちょっとした勘違いということもあり、この人は浮気しているかもしれないということから自分自身での調査を始めても、浮気しているだろう、浮気しているに違いない、絶対浮気していると段々結論ありきで調査がなされ、結局のところ結論が分からないということがあります。ですので、そうなった場合には浮気調査で白黒つけるのがいいですが、ちょっとした勘違いだった場合、調査費用が無駄になるのでよくよく考えて依頼するようにしましょう。

 

浮気調査の場合

浮気相手とホテルに入る、不倫旅行をしているといった明確な不貞行為の現場を押さえる必要があります。芸能人であれば、その日たまたま出会った人とホテルに行くというものが写真週刊誌に撮られ、大騒ぎになることはあるものの、一般人が同じようなシチュエーションとなり、その現場を押さえるというのは相当な奇跡が起こらない限り、難しいでしょう。たまたま尾行してて、狙っていた相手とは違う人と不貞行為に及び、その現場を押さえたということはあるにしても、それまでに浮気調査をするに至る要因がない限りは依頼することもできず、なかなか自力で現場を押さえることもできません。

 

浮気を疑ったタイミングですぐに調査を依頼するのは

あまりに早すぎる可能性があります。獲物を泳がせ、行動パターンを確立させ、安心しきったところを釣り上げるというのが調査を依頼するタイミングとしては最もいいタイミングです。だからこそ、帰りが遅いから浮気だと短絡的に考えず、仕事で大変なのだろう程度にとどめ、急に金遣いが荒い、やけに体からいい匂いがするといった複合的な要因が絡んでくるようになったら、これは浮気しているかもしれないと考え、浮気の可能性が色濃くなった段階で調査を依頼することが大切です。

 

下手に動いたり、調査してもらっていることを匂わせたりすると相手は勘づき、むしろそれを逆手に取られる可能性があります。確実に相手の非を認めさせたい場合には我慢を重ね、獲物を捕まえる瞬間を待っておく必要があります。

更新履歴